STB第16号:境界条件設定のポイント

構造解析(強度解析)や伝熱解析などでは、解析モデルが対称形状の場合、対称境界条件を設定して解析を行うことが一般的です。

これはモデルサイズを小さくして解析時間の減少を図ることが主な理由ですが、構造解析(強度解析)の場合には、境界条件の設定が容易になる、という面もあります。

第16号では、境界条件設定のポイントについて簡単にまとめました。

発行:2012年4月

本文は『STB第16号:境界条件設定のポイント』をご参照ください。