STB第17号:破損対策での「落とし穴」

「機械や部品等が破損した」と聞いた時に、どのような対策案が思い浮かぶでしょうか?

例えば、直感的には板厚を厚くすれば頑丈になるのではないか、と考える場合は多いでしょうが、ここにはある「落とし穴」が潜んでいます。

第17号では、破損対策における剛性の考え方から、この落とし穴について解説しています。

発行:2012年7月

本文は『STB第17号:破損対策での「落とし穴」』をご参照ください。