Salome-Meca Shaperでのモデリングについて

ザックリと触ってみた感じとUIのクセについて雑感。

Shaperモジュールのイメージ

構成について

モデリング手法は一般的な3D-CADソフトにかなり近いスタイルかと思います。形状作成に必要な機能は概ね揃っているのではないかと。

インポート/エクスポート可能なファイル形式は下記の通り。

  • B-rep形式
  • STEP形式
  • IGES形式
  • XAO形式

上の3つは汎用の3Dモデル形式、一番下はSALOMEのGEOMETRYモジュールで使用されているものです。

解析への適用について

動作としては”別付けのCADモジュール”であり、現バージョンではGEOMETRYモジュールへ形状をエクスポートする格好です。ANSYSにSpaceClaimをアドオンするのと同じような格好(わかりづらい表現)。
ただ、調べ切れていないだけで直接Mesh出来るのかもしれません。(調査継続中)

ツリー構成

Part Setはアセンブリの親です。Part set直下に直接形状を作成は出来ませんので、Partを追加していきます。

パーツメニュー
  • 新規部品の追加(new Part)、 部品の複製(Duplicate Part)、部品の削除(Remove Part)
  • ファイルからインポート(Import)、ファイルへエクスポート(Export)、Pythonスクリプトで保存(Dump)
  • パラメータの追加(Parameter)、パラメータの一括編集(Parameters)
  • 部品[面]の合致(Placement)、平行移動(Translation)、回転(Rotation)、対称(Symmetry)、直線パターン(Linear copy)、回転パターン(Angular copy)
  • 計測(Measurement)

スケッチツールの使用

任意の平面を選択してスケッチモードに入ると下図のようにスケッチツールバーが有効になります。

スケッチ操作画面

スケッチツールのメニューボタンはだいたい下記のような感じです。メカ系の図形ならだいたい描けそうです。

  • 描画系:点(Point)、直線(Line)、四角形(Rectangle)、円(Circle)、3点円弧(Arc)
  • 編集系: フィレット(Fillet) 分割(Split)、トリム(Trim)
  • コピー系: 投影(Projection)、交点(Intersection) 、対称(Mirror Copy)、並進(Linear Copy)、回転(Angle Copy)
  • 位置拘束:距離(Distance)、水平距離(Horizontal Distance)、垂直距離(Vertical Distance)、
  • 寸法拘束:長さ(Length)、角度(Angle)、半径(radius)
  • 幾何拘束:水平(Horizontal)、垂直(Vertical)、固定(Fixed)、平行(Parallel)、直角(Perpendicular)、正接(Tangent)、端点の合致(Coincidence)、中点(Middle Point)、等しい長さ(Equal)、同一線上(Collinear)

3D形状ツールについて

3D形状を作成する際のメニューバーは下記の通りです。

3D形状メニュー
  • 基準:点(Point)、軸(Axis)、平面(Plane)
  • サーフェスモデルの作成:頂点(Vertex)、辺(edge)、[中略]、Filling
  • ソリッドモデルの作成:直方体(Box)、円筒(Cylinder)、球(Sphere)、円環(ドーナツ)形(Torus)、錐体(Cone)
  • 拡大縮小(Scale)
  • 押し出し(Extrusion)、押し出しカット( Extrusion Cut)、Extrusion Fuse
  • 回転押し出し(Revolution)、回転カット(Revolution Cut)、Revolution Fuse
  • 軌跡に沿って押し出し(Pipe)
  • グループの作成(Group)、Field[機能の調査確認中]、GEOMETRYモジュールへ転送(Export GEOM)
  • ブーリアン演算:引き算(Cut)、足し算(Fuse)、Commom、Smash、Intersection、Partition、Split、Union、Remove Sub-Shapes、Recover、Fillet、Fuse Faces

おおよそ3D-CADで出来る機能は実装されている感じです。一部訳を付けてなかったり適当なのはあとで直します。

まとめ

本職のCADソフトに比べれば当然機能は限られますが、自由曲面などのよほど複雑なものでなければShaperモジュール内で作図出来ると思います。バッチファイルで寸法を変えながら計算とかもできるのかな? できないと内蔵機能にする意味はあんまりない気もしますが。1パッケージなので導入が簡単というのは利点の1つですね。