弊社のミニ工房

つい最近のこと。昨年の夏頃から参加している異業種交流会で知り合った経営者の方から、資材整理で処分になったレーザー加工機(中国製)を譲って頂きました。

ついでなので所有している工作関係の道具を挙げてみようと思います。

レーザー加工機(手前)と3Dプリンタ(奥)

手前側の青い鉄の箱が新たに設置したレーザ加工機。主に樹脂や木材への刻印、切断が出来る模様。表面の反射が小さければ薄めの鉄板など金属もいけるらしいです。

奥にある立方体のようなものが3Dプリンタ。だいぶ前にAmazonで購入したXYZプリンティングのダヴィンチ 1.0の無印(最初期のモデル)です。最大造形サイズは200mm角、もはや販売元のサイトにも掲載が無い旧世代品ですが、動作に支障は出ていないです。

どちらも写真中のノートPCからコントロール。こちらもやや古いので、インターネットからは物理的に切り離して運用しています。


工作室の様子

こちらは工作室(小屋)。見えているのは卓上旋盤(右)、ボール盤(中央)、バイスに隠れていますがバンドソー(左下)。またこの写真には入っていませんが左の机の上に定盤もあったりします。空調がないので真夏と真冬は作業環境がちょっと厳しめ。

扇風機の手前の箱に入っているのは亡父がヤフオクか何かで入手した竹で篠笛作りをしていた名残。単なる趣味で引き継いだわけでもなく、処分に迷ってそのままになっています。

工具棚

その他、雑多な工具類。ほぼ父の買い集めたもので、正直に言って自分は何がどのくらいあって何に使えるのか把握出来ていません…


というような感じで、高精度なものではないですが、樹脂、木材、軽金属程度であれば工作出来るような道具が色々眠っていたりします。

私自身では全く使い切れていないので、もしこれらの道具を使った工作・モノ作りをやりたい方がおられましたら、場所をお貸ししますので個人法人問わずお問い合わせください。費用その他は要相談ということで。