STB第3号:温度依存性のある線膨張係数の取扱について

熱変形や熱応力の解析で起きる問題の一つに、線膨張係数が温度依存の場合があります。当然、間違えたら正しい解は得られません。

ソフトによっては自動で計算してくれるかもしれませんが、技術者としては手計算もできるようにしておきたいものです。

発行:2006年9月

本文は『STB第3号:温度依存性のある線膨張係数』をご参照ください。

技術相談

研究・開発、製品開発にまつわる「問題解決策」を「イコールパートナー」として一緒に考え、よりよい製品作りのためのお手伝いを致します。

技術指導など、若手エンジニアの技術レベルアップのお手伝いも致します。

FEM(有限要素法)

汎用ソフトウェアを使用した、有限要素法による機械部品などの解析計算を承ります。

また、解析結果の評価についてもサポート致します。

・構造解析(強度解析、塑性加工解析 など)
・寿命予測(疲労・クリープ など)
・熱解析(伝熱解析、熱応力解析 など)
・流体解析(流れ解析、流体-構造連成 など)
・振動解析(固有値解析、周波数応答解析 など)

1 2 3