情報の出し方というもの

モノは言い方でカドが立つ、とは古くからの言葉。

この場合、言い方とは何も語調や語彙だけではなく、それを発するタイミングというのも含まれるように思います。

同じ内容であっても、適切では無い場面というのはあるもの。それを外してしまうとやはり受け手の心証はよくないのではないでしょうか。

広告、告知、そうした色々の場面において、いい意味で人の心を動かすということに気を付けていきたいなと思う事象が(事業とは特に関係無いところで)あったので、ふとそんなことを残してみたり。